相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

タクシーで景気を詠む

タクシーに乗り運転手から最近の乗客の傾向を聞くのが趣味です。

話しかけ方は「最近チケット増えてますか?」「チケット増えないと儲かりませんよね〜」。

人と話したくウズウズしているようで、その後は喋り続けて色々な情報を提供してくれます(面白い裏話付き)。

チケット利用が増えるという事は企業の経費使用が緩んできている証拠。機械統計並み(?)に優れた景気先行指標だと思っています。

 

では、先日得た情報をレポート。

「年末と直近1ヶ月の違い」

 

(この運転手が得意の)歌舞伎町 は1時過ぎてからのホストクラブ帰りの乗客が減った。

六本木も最近減ったような気がする。

年末はゼネコンがタクシーチケットを頻繁に使っていたが、リニア談合のせいだろうか、減ってしまった。但し、他の業種より羽振りが良い状態は続く。

製薬会社がセミナー後などに医者を乗せるのは相変わらず旺盛。とても上客。国に守られた業種はさすが〜。

株や為替で羽振り良さげな話をする乗客がチラホラ。

 

忘年会シーズンの年末と消費が落ち込む2-3月を比べるのはやや無理がありますが、加速度的に景気が改善している雰囲気ではありませんでした。

バブリー!(古っ)とは程遠い、ゆったりとした好循環が続いている感じ。持続性という意味ではまだ期待が持てそうです。

タクシーで景気を詠む は今後もレポートしていきたいと思います。机上の空論ではなく肌で感じるってことです!