相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

年末年始の値動きは去年と同様だった

年初はナスダックとエマージング(EM)が大きく上昇しました。特にナスダックは最終日しかも引け前1時間に大きく売られた反動が出たように見えます。北朝鮮などの年越しリスク経過による買い戻しでしょうか。

ちなみに去年の年末年始もそこそこ大きな、下落(最終日)→上昇(初日)を演じ、その後は少しづつ上昇を続けました。現状はテクニカルで買いサインは見当たらないもののホールドは続けても良いのではないでしょうか。

一方で日経先物はちぐはぐ。円はドル安が顕著なために、米債利回りは上昇しているにも関わらず円高推移。そのため世界の株で日経先物だけは方向感がありません。

12月から保有していたMSCI EM ブル3倍ETFの利食いを昨晩に実行。年明け早々にとても嬉しい気持ちです。気を緩めず、今後も自身のルールに従い売買を行いたいと思います。