相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

日経先物は年内受渡最終日後に下落と夢想

今年の年内最終受渡日は26日、これをもって利食いのピークは25や26日と解説するメディアやブログを多く見かけます。しかし個人的には???です。少なくとも過去2年は最終受渡日を過ぎてから日経先物が弱含んでいます。ネタがないから取ってつけたように書いているのでしょう。そもそも個人は一年中、株を売っています(言い過ぎ?)。

目先の日経先物は米長期金利次第でしょう。節目の2.4%にありますが、近いうちに債券は買い戻され→円高→日経先物下落の可能性があると夢想しています。但し夢想で確信はないのでトレードは致しません。

米長期金利は物価が思った程上昇しないことに加えて、日銀の超低金利政策も下方向へ押し下げる一因になっています。米国経済が好調なのは分かりきっており金利を更に押し上げる要因にはなりにくいです。

エマージング株は注目です。来年はエマージング株が良いと目され秋は相当買われました。しかしその反動で12月前半は失速、テクニカルでも調整は済んだので1月へ向けて上昇する可能性が高いと考えています。米長期金の低下をポジティブに捉えるでしょう。