相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

11月下落説がちらほら出てきました

日経先物の急騰は落ち着いてきたようですが、ちらほら11月下落説を唱える専門家が出てきました。

まずは、減税実施2か月前から株価が下落する説。米国が減税を実施した過去2回はそのような傾向にあったそうです。順調に法案が通れば年初から実施される減税もあるらしく、11月頃から注意した方が良い模様。今朝のモーサテで大和証券の木野内氏が解説していました。

また、12月8日の債務上限引き上げ期限を懸念し11月後半から株価が下落し始める説。9月の引き上げ期限時はハリケーン国難が幸いし通過させることが出来たものの、今回は大揉めに揉めるだろうと予測。マネーボイスに藤井まり子氏が寄稿しています。

もうすぐ始まる市場大調整は「日本株バブル」の号砲となるか?=藤井まり子 | マネーボイス

 

減税期待を織り込みきったのちに株価下落へ至った場合、ドル高もストップする事になる。そう言えば金正恩はICBMを撃ってクリスマスを台無しにすると以前言ってました。12月へ向けて円高ドル安に拍車が掛からないことを祈ります。