相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

7月22日 : ロシア疑惑、原油下落、来週

日経先物は朝方19,960円で帰還(15時15分比 -0.6%下落)

 

昨晩は来週開かれるロシアゲート疑惑公聴会への懸念と想定外の原油下落で、債券利回り低下→ドル111.12円→日経先物下落となった。

ロシアゲート疑惑は小説のような展開を見せている。ロシアと接触していた共和党員が自殺し、大統領選中に接触したロシアの女性弁護士が実はロシア連邦保安庁の代理人だったらしいと報道された。公聴会へ向けまだまだネタが出て来そうな雰囲気。トランプ氏が退任した後だとは思うが間違いなく映画化されるであろう。

原油は来週開かれる非公式会合への期待で売りは出にくいと考えられていたが、7月のOPEC生産量が増加するとの想定外ニュースが伝わり売却を強いられた。来週は各国の思惑が交差し様々なポジショントークが小出しされるだろう。

株自体への信任は落ちていないようで米株やEM株の下落は小幅に留まっている。但し、原油安が来週前半も続くようだとリスクオフ対応の売却が強まるはず。やはり注目は原油動向である。