相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

7月19日朝 : ヘルスケア法案断念、原油上昇したが下落を期待

日経先物は朝方19,980円で帰還(15時15分比 フラット)

昨晩はヘルスケア法案の投票断念が伝わり米債利回り低下、株はフラット+α。金利差縮小に伴いドル円は一時111円台へ突入、日経先物は19,890円まで低下する場面があった。

原油は予想通り軟調だったが日本時間夕方にサウジアラビアが追加輸出削減を検討していると報道され一転上昇、しかしレンジの46ドル台から上抜けるには至らなかった。直近は原油見通しに明るい話続くも、データなどで確信(実現)されたものが少なく市場は楽観的になり切れていない。

今晩は経済指標Day。21:30に建築許可・住宅着工件数、23:30に原油在庫量。

原油は短期調整入りすると考えている(昨日の記事参照)。昨晩はサウジのポジショントークで下がらなかったが、原油下落=株下落を期待。