相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

7月12日朝 : イエレン議長、10年債入札、ヘルスケア法案、会期延長

日経先物は朝方20,110円で帰還(15時15分比 -0.3%下落)

今晩は23時にイエレン議長の議会証言と2時に10年国債入札が予定されており、債券は2日連続の買戻し(利回り低下)となった。EM株は利回り低下を好感し上昇、日経先物は米債利回り低下を背景とした円高に反応し若干の下落。

米債利回りはテクニカル的にいつ低下へ転じてもおかしくない状況。議会証言でバランスシート縮小時期は明示されないだろう、また以降はヘルスケア法案の進捗に市場の関心が向かう気もするので更なる利回り上昇は見込みにくいか。

共和党の有力議員McConnell から2つ新しい話が出てきた。修正版のヘルスケア法案を木曜朝(米国時間)に出し来週投票に持ち込みたい事、会期を7月末から2週間延ばそうと画策している事。

ヘルスケア法案の投票は通常会期の7月末まで猶予あるように見えるが、予算上限問題や税制改革を成し遂げるため少しでも早く承認させる必要がある。ところが難産しそうなので会期2週間延長を言い出したのだろう。早く地元へ帰りたい議員さん、賛成へ転じてくれる???