相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

6月6日朝 : クエート断交だが米債利回り上昇、流れが転換したかも、インド3倍ブル利食い

日経先物は朝方20,140円で帰還(15時15分比 フラット)

昨晩は8日(木)の地政学的イベントを控えて株・為替ともに静かだった。一方、クエートが周辺五か国から断交されたニュースが飛び込んできたにもかかわらず米債利回りは上昇。経済成長鈍化や地政学的リスクを既に織り込み、利上げを目前に債券の利食いが開始されたかもしれない。

テクニカルには米債利回りが上昇転換する材料が揃っている。4月18日に付けた最低値まで低下した事、RSIが下限値30まで低下した事、ストキャスティクスの%Dが20%を下回り低下し過ぎを示唆している状態でゴールデンクロスを始めた事。

米債利回りの上昇転換が事実であれば、本日以降の株や為替も流れが転換する可能性あるので注意。

インド3倍ブルETFを利食いした。ストキャティクスが上限80%を超え、米債利回りが上昇転換しそうなのでEM株は一旦終了と判断。