相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

5月29日朝 : 注目イベント、米債利回り上昇転換へ

日経先物は朝方19,720円で帰還(15時15分比 フラット)

今週の注目イベント。

30日(火曜):消費者信頼感指数

1日(木曜):ISM製造業景況指数、米国自動車販売

2日(金曜):雇用統計

?日   :コミー前FBI長官の公聴会

ISMは今回も予想を下回るようだとピークアウト論が発現する可能性あり。米国自動車販売は前回ブログで述べたように5か月連続で前年比マイナスになるかどうか。雇用統計は労働参加率や時間給の上昇度合いに注目。

とずらずら書いたが、いまさら経済指標云々で6月利上げ確率が大きく変わることはない。最も注目すべきは利上げほぼ確実と言われる中でも低位安定する米債利回りがいつ上昇へ転じるのか。先週もお伝えしたが、3月利上げ時も半月前の2月27日から突如として米債利回りが上昇へ転じた。今週多数予定されているFOMCメンバー発言がきっかけになるかもしれない。

米債利回りが加速度的に上昇へ転じれば株は短期的に軟調となる。日米金利差拡大は日経先物にポジティブ、しかしそれ以上に米国株の軟調が影響するだろう。