相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

5月26日朝 : WTI下落、利上げならそろそろ米債利回り上昇転換

日経先物は朝方19,810円で帰還(15時15分比 フラット)

WTIが5%急落、OPEC総会の内容が事前想定通りだったためらしい。9か月減産延長以上の話が出なかった事で売り物が出た。そもそも減産延長は価格を引き上げるというよりも下支えが目的なので45ドル以上であれば御の字。

そろそろ米債利回りが急上昇し始める可能性ある。前回3月15日FOMC利上げ前の米債利回りをおさらいする。2月中からイエレン議長が利上げを示唆する発言をし利上げ確率は急上昇していたものの、米債利回りは低下し続けていた。それが利上げ半月前の2月27日に突然の上昇転換、その後は3月15日へ向け毎日のように上昇し続けた。ちなみに3月1-9日の日経先物や米国株は若干の下落。

6月14日FOMCへ向け、今までのところ似た状況にある。FOMCメンバーは利上げを示唆する発言を繰り返し、利上げ確率も高水準。しかし米債利回りは低下したまま。債券買われ過ぎの反動がそろそろ出ると考えた方が適切。少なくとも本当に利上げしたいのであれば、FEDは直前に急激な利回り上昇が起きないようコミュニケーションを浸透させるべきである。