相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

5月25日朝 : FOMC議事録、2年債利回り急低下、ドル高転換?、インド3倍ブル

日経先物は朝方19,720円で帰還(15時15分比 -0.1%下落)

一昨日に飲み過ぎたため昨日朝の更新をブッチしてしまいました~。

昨晩はFOMC議事録の公表後に米国株が上昇、米債利回りとドルは下落。6月利上げを強く示唆しつつ、最近見られる経済活動の減速が一過性のものだという証拠を待つのが「賢明だ」との一文を入れてきたためだろう。

今週は米国2年債利回りが急低下中。火曜の新規住宅販売、水曜の中古住宅販売は予想を下回り、相変わらず4-6月マクロ大幅回復を確証するデータは出て来こない。一方、昨晩のCME利上げ確率は83%まで上昇、このちぐはぐ感がよく分からない。誰か教えて。

OPEC総会とG7サミットは予想通りで終わりそうな雰囲気。イベント終了でドル高(原油&ユーロの下落)転換するか注目したい。

今朝方、MSCIインド ブル3倍ETFを購入。ストキャスティクスが調整の終了を示唆しつつあり、また5日移動平均を大きし下振れて推移していることから短期的にリバウンドが起きると判断。