相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

5月6日朝 : 日経先物は年初来高値更新、雇用統計は強弱まちまち、自動車株に注意

日経先物は朝方19,720円で帰還(2日15時15分比 +1.2%上昇)

雇用統計を経ても基調は変わらず。米債利回りや米国株・EM株は落ち着いており、日経先物だけが6月利上げを積極的に織り込んでるように見える独歩高。年初来高値更新の19,700円乗せ。GW明けの決算発表期待もあるのだろうけどやり過ぎの感あり。分からないから余計なトレードはしない方が良さそう。

ちょっと気になるのは日本の自動車株。3日朝に発表された米国自動車販売がコンセンサス下回りGMやフォード株は急落したまま。来週月曜日が日本の自動車株にとって初取引だが現物主導で日経先物が伸び悩む可能性もある。

雇用統計は失業率4.4%はポジティブだったものの前月失業率が下方修正されたり労働参加率が低下したりで強弱まちまち。CMEの6月利上げ確率や2年債利回りは少ししか上昇しなかった。

昨晩はFOMCメンバー発言が予定されていたものの金融政策に関わる話はなし。面白くないね。