相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

4月20日朝 : EM続落、何故ドル高発言に反応する?、4.3倍ブルを損切り

日経先物は朝方18,380円で帰還(15時15分比 -0.2%下落)

昨晩もEMの下げが目立った。原油などコモディティの下げもしかり。細かな理由(ニュース)を挙げればきりがないが結局は米中需要の先行き懸念から来ている。そして先行して下落する日本株から遅れて下げ始めたEM株。株式市場のボトムを探る時はEM株の調整具合が一つの指標になるかもしれない。

米債利回りはチャート的にボトムを付けたようにも見える。しかし3月以降はテクニカルが効いてないので確信するには早計だ。日曜のフランス大統領選挙、火曜日の北朝鮮軍記念日。市場には地政学的リスクとして相当程度織り込まれているものの、「分かっちゃいるけどやっぱり下がる」ニュースになりそうな気がする。

ところで何故、為替市場はムニューシン財務長官のドル高発言にいちいち反応するのだろう。歴代の財務長官はドル高が米国の国益に繋がると一辺倒な発言を続けているだけなのに。直近の米国は他国の通貨安政策を非難している手前、わざと言ってる感がありあり。ホント不思議な為替市場、そりゃ誰も当たらないわけだ。

昨日、4.3倍ブルと米金融株3倍連動ETFをそれぞれ売却。4.3倍ブルの方は13%程度の損切り、ETFの方はトントンだった。今後に生かすべく反省文を本日アップ予定。かなり重厚だぞ!!!