相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

4月11日朝 : しこっている原因、地政学的リスク、米債利回り2.3%割れは「債券買いの株式売り」へ

日経先物は朝方18,740円で帰還(15時15分比 -0.3%下落)

3月27日に4.3倍ブルを購入したがしこっている。ドル高転換は予想通りだったがそれに米債利回りや株が追随せず。原因は北朝鮮問題やフランス選挙などの地政学的リスクが想定外に長期にわたり市場を支配しているため。

この地政学的リスクだがいつまで市場支配し続けるかは正直に言って予測できない。しかし米債利回りが依然として先行指標となるだろう。レンジ下限の2.3%を維持し続けるうちは更なる株下落はない。一方で2.3%を割れてくるようだと「債券買いの株式売り」が強まることになる。損切りせざるを得ないとシミュレーション。