相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

3月31日朝 : スルスルとドル高、米国企業決算に期待、米国債2.5%までは日経先物も安心

日経先物は朝方19,220円で帰還(15時15分比 +0.8%上昇)

ドル指数が100をあっさりと超えたことが株式市場の安心感につながった昨晩。27日に99.6でボトムを打った後はスルスルと上昇していたのであっさりと100を超えるだろうなあという感触はあった。4.3倍ブルを保有し続けていて良かったww

 

ドルが上場へ転じた理由は政治的側面かと思われる。4月23日のフランス大統領選挙(第1回)まで1か月を切り今後は欧州政治の方が不安増大していく局面。またテクニカルでも「反転は近い」を示唆していた。トランプ大統領の能力不足を先行して織り込んでいたドル安はRSIの下限へ到達。同時に米国10年債利回りは年初来続いている2.3-2.6%レンジの下限へ到達していた。

日経先物は当面上昇しやすいと思う。上記に加え、

東証の売買状況で海外投資家は3/21-3/24も売り越しだった。今週も売り越しが続いていたと思わる。需給的にはそろそろと期待。

また2週間後に始まる米国企業決算は2011年10-12月期以来の高い増益率になるという。日経先物のサポート要因となる。

米債利回り2.5%ぐらいまでは日経先物も安心して良いのかなと思う今日この頃。但しNerugooは大儲けしたくないのでその前に利食うかも。