相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

3月23日朝 : トランプ期待がマイナス期待へ転じるかもしれない???

日経先物は朝方18,910円で帰還(15時15分比 フラット)

深夜には18800円を割れる場面もあったが朝方戻してきた。

オバマケア代替案の投票を木曜日に実施しようとする動きは共和党内からの批判で頓挫している。この懸念をいち早く織り込んだのがドル指数と米債だったわけだが、RSIやチャート的には悪材料を一旦織り込んだと思える水準まで調整してきた。ドル買戻しや米債利回り上昇へ転じる局面がそろそろあって良い。

逆に言うと、ドル指数や米債利回りが現在水準を更に下回っていくようだと新たな展開入りを意味する。トランプ相場(期待)は無かったものとして大統領選挙日前へ戻っていく相場だ。

もっと言うとトランプ大統領へのマイナス期待が発生しドル・米債利回り・米国株の大幅低下が起きるかもしれない。大統領は市場からの期待がゼロになっても4年間は在職できる。取り返しのつかない4年間を織り込みに行く相場ww (妄想するのって面白いねww)