相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

3月16日朝 : FOMC後に米債利回り大幅低下、オランダ選挙は杞憂に、日経先物は調整続く可能性あり

日経先物は朝方19,375円で帰還(15時15分比 0.4%マイナス)

FOMC直後に米債利回りは大幅低下、想定よりハト派だったとして買戻しで反応した。今後は大イベントが終了した米債市場が何をテーマに動いていくのか見定める必要がある。しかしアイデアが思いつかない。。。

米債利回りが大幅低下した割には米国株は小幅上昇という印象。米債利回りが直ぐに上昇する雰囲気は感じないので米国株やEM株はもうしばらく上がって良いだろう。

オランダ選挙懸念は杞憂に終わった模様。前々回にも書いたが、識者達が一様に不安を煽っている時はそれに反して静かな結果に留まるものである。

日経先物はもう少し下がる可能性がある。2週間弱前から日本株はリフレ期待で選考して買われていた。そのリフレ期待が今回低下したので持分調整が起きるだろう。また米独首脳会談で米国が貿易不均衡是正を訴えてくるシナリオもある。その場合はユーロ高ドル安となりドル指数100割れが起きてもおかしくない。円高には注意。