相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

1月24日朝 : 50日線まで下落、しかし躊躇する

日経先物は朝方18,895円で帰還(大証比0.4%down)

トランプ大統領がTPP離脱に署名、大型の国境税導入を明言。減税や規制緩和による経済成長よりも保護主義を懸念する見方が増えたようだ。事前に分かってた事ような気もするが...

ドル指数は100割れ寸前まで下落、しかし欧米株の下落は小さいので過剰反応しない方が良いかもしれない。米国10年債の方向感が定まらない、2.39%まで低下したがここから大幅低下するにはリスクオフ的な雰囲気が必要だろう。

日経先物は最も重要な50日移動平均線まで下落した。先週の急落時はこの50日線で一旦反発を演じている。今回割り込むようであれば買いを入れてみるのがセオリーだ。しかし米国債の方向感が定まらない、RSIも43と中途半端。日計りトレード以外なら躊躇する。