相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

1月12日朝 : トランプ会見波乱無し

日経平均CMEは19,345円と大証日中終値19,350円とほぼ変わらずで帰って来た。

トランプ記者会見は大統領選期間中のロシアによるリーク説を否定、逆に米情報当局が自身に不利な情報を裏で流したのでは?と示唆した。トランプ・オーガニゼーションの株主ではありつつも役職からは退く事を表明。

経済に関する事では自動車のような製造業のみならず製薬など他分野にも米国回帰を求めるとした。雇用拡大させるためならツイッター攻撃の対象をどんどん増やしていくつもりのようだ。

また貿易赤字に強い不満を表明した。従来の中国・メキシコに加えて日本を元凶として名指し。今後は円安進行時に心理的な歯止めがかかるかもしれない。