相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

1月6日朝 : 中国ショック再来か? 米債券利回り低下続く

米10年債利回りは2.34%まで低下。今晩の雇用統計前にポジション調整との解釈目立つが本当だろうか?従前から述べているように12月16日に2.6%つけた後から利回りは低下し続けている。債券市場は何らかのリスクを織り込み始めていたとNerugooは考えている。

 

昨年1月の悪夢を思い出させる出来事が中国で起きた。オフショア人民元は2日間(4-5日)としては過去最大の上昇、銀行間金利も急上昇した。

人民元ショートの急激な巻き戻し。これと同様なことは昨年1月にも起きている(下記チャート)ので悪夢の再来か?となった模様。中国当局の人民元買い介入は確認出来ていないものの国営企業の外貨売りが強まっているとの報道はある。

トランプが中国を為替操作国として正式認定するのでは?という見方は多い。中国政府はイベント(大統領就任式など)前に多少なりとも人民元相場の安定を図っているフリをしようとしたのだろうか。

f:id:nerugoo:20170106072959p:plain

 

日本には想定外のショック??? トランプがツイッターでトヨタに対しメキシコでのカローラ生産予定を批判。安倍首相のトランプに対する積極的な関係作り、トヨタなど日本企業が多くの雇用を米国で作り出していることから日本企業が攻撃対象になる可能性は低いという見方が多かった。しかしあっさりと”ツイッター攻撃されてしまった日本企業、トランプ様の攻撃対象に例外は無いようだ。