相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

昨晩の株高はオーバーシュート? ゲームチェンジ? クジラ達?

昨晩の株高理由を説明するのは難しい。

「債券利回り低下を株式市場は好感した」「トランプ就任までは夢見る期間なので今のうちに株式を買ってしまおう的な楽観論が支配」など一応の説明はできるものの本当にそうなのか、信じて良いのか判断が付かない。

相場は毎日合理的に動くとは限らず昨晩は騙しだった可能性もある。ドタ感だが昨晩の相場はあまり記憶に留めない方が良いかも。無理に理由を探すのは危険に感じる。

先週までは米国債利回りと日本株がリンクしていた。しかし今週は米国株高と日本株高が連動しているように見える。グローバルで株を買いたがっているかのようだ。債券利回り低下やドル安を日本株は無視している。

変化が起きてまだ数日である。大げさな言い方だがゲームチェンジしたと決めつけて良いのか分からない。ここ数日の株高は単なるオーバーシュートで債券やドル指数の反転に数日遅れる形で日本株下落が始まる可能性もある。

先程、「グローバルで株を買いたがっているかのようだ」と書いた。動きのやや遅い各国のソブリン ウェルス ファンドがクリスマス休暇前に株のウェイト引き上げ第一弾を終わらせようと動いているのかもしれない。

クジラでも入ってんじゃないかと勘ぐりたくなる上げ相場。妙な強さが連日続く時は背景にそう言った動きがあったりするもの。

ロールは大方終わったと思われるがメジャーSQ週で先物筋はポジション調整に超敏感。もしクジラ達の力で株式相場が押し上げられていたならばSQ後がちょっと心配。

 

最後に。個別株ベースでRSI上限越え銘柄数が結構増えて来たように感じる。先週までは日経やTOPIXのRSIは過熱感出ていたが、個別株ベースではそれほど多くなかった。

 

最後の最後に。とりあえずポジションは閉じましょう。