相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

美人女医にインフルエンザ注射打ってもらえるはずが、おじさん医師から健康アドバイスを受けることに。。。

先週木曜日のことだ。勤め先のビルに入居しているクリニックへ飛び込みでインフルエンザ注射をしに行った。

待合室で体温を測ったところ37.5度もあったが言い訳すればなんとかなるだろう的考え方で恐る恐る診察室へ…

ところが入った瞬間びっくり‼︎  女医さん、しかも若くて綺麗のポジティブ サプライズ‼︎ (外国人セールスが頻繁に使うフレーズね)

Nerugooの妄想力はわずか0.3秒で成層圏まで到達。アダ○トビ○オに男優役で出演してるかのような錯覚に陥りながらしばらく会話を楽しんだ。(先生、ごめんなさい)

 検診ではやはり37.5度が問題視され、「ご飯食べた直後ですか?」→「はい、カレー食べた直後です」と言い訳するも華麗にスルー。後日また来てください、と… 2回も会えるチャンスと前向きにとらえクリニックを後にした。

 

そして2回目の訪問を本日敢行。しゃあ!今日も妄想だー!と意気込み診察へ入ったら、ゆったりとした感じのおじさんが座ってる…

ええ、え、え、え、え、え、え、どういうこと?

ショックが顔に出ていたと思うが、このクリニックはバイト医師が持ち回りで担当してるのかなと諦め受診することに。しかしこのおじさん医師が曲者だった…

37.0度もあるね~(医師)→自分の平熱です(Nerugoo)→筋肉が多いのかなあ(医師)→いやあ、殆ど脂肪ですよ~(Nerugoo)→将来成人病になる可能性がある。筋肉増やせばそのうち体重落ちるよ、例えば階段を登ったり背筋伸ばして歩くとかでもいいしやった方が良い(医師)→はあ…(Nerugoo)→≪ペットボトルの成分表記を示しながら≫炭水化物2gって書いてあるでしょ、1gは4カロリーだからね(医師)→はあ…(Nerugoo)

医者としては当然のアドバイスなんだろうけど、女医では無かったことと目的外の説明が延々と続いたので話を聞くフリするので精一杯。一通り持論を展開したのでやっと注射を打ってもらえた。所要時間としては、減量アドバイス:注射=8:2のイメージ。

 

------

インフルエンザ注射ごときでネタを作ったNerugooです。

すみません、オチがないけど眠くなったので寝ます。

明日はちゃんと相場の話を書きたいと思います。ホントすみません。