相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

ふるさと納税で上限へ達していないあたなへ①

3年ぐらい前からふるさと納税の駆け込み申し込みを11月中には終わらせるよう心掛けている。12月中旬まで行ってしまうと「これだ!」と思った品に限って品切れや年内受付終了の憂き目に合うからだ。

そこでThe 習熟者 of ふるさと納税の域へ達したNerugoo(筆者)より2回に分けてお勧め申し込みを披露する(1回目:平時の申し込み 2回目:クリスマスの申し込み)。ちなみに家族構成はNerugoo、妻、小学六年男、小学二年女の4人。

一番頻度高いのは鍋。土日の食事当番がNerugooなので買い出しと調理に時間を割く必要が無い「肉と野菜」がセットになった鍋を重宝している。これだと調理時間10分で家族感激の味が出来てしまうのだ。申込金額1.5~2万の品であれば50%以上の確率で「俺たち銀座で食べてる?」と錯覚させる鍋に出会える(※銀座を超一流という意味では使ってないのであしからず)。鍋肉の種類は地鶏やもつ鍋系が多い、特に地鶏は鍋つゆの種類も豊富ではずれも殆どない。×避けた方がよい×のが魚介系、魚介に自信あり過ぎてなのか鍋つゆがイマイチな事が多い。また骨が結構多く大人でも食べにくいことが多々あり。

2番目に重宝しているのが肉。味噌漬けなど調理された肉は夕食作りの味方。また時々食べるステーキは格別だ。ローストビーフもベリーナイスで様々な産地を楽しんでいる。×避けた方がよい×ものとして高級牛肉。牛肉はA5ランク近い肉を使っていることが多いので脂が半端なく多い。ソーセージやハンバーグをフライパンで焼いていると染み出てきた油で煮てる?状態になる(妻から申し込み禁止令が出た)。ステーキもA5ランクだと口に入った瞬間溶けてしまい小学生の子供には不評、「肉食べた気がしない、脂食ってるみたい」と。産地アピールも兼ねているので‘A5‘を前面に出したい気持ちも分かる。しかしあえてA3-2を品揃えし回転率を上げてみてはどうか?by 子持ち納税者

3番目は魚。味付けした鮭や白身の冷凍がメイン。これもレンジでチンで完成する夕食作りの味方。明太子もお勧めだ。

4番目はアイスクリーム。無限に近い種類があるので飽きることはないはず。ハーゲンダッツを時々頼むのだが小学生にこれが普通だと思われるのが教育上正しいのかどうか常に悩む。しかし夕食後のハーゲンダッツは格別である~。

5番目は米。5kgをスーパーで購入し持って帰るのがめんどくさいので。ネット通販の感覚ですな。

 

最後にお願い。自治体にウィスキーの品揃えをお願いしたい。焼酎や日本酒は莫大な数で出品されているもののウィスキーは3自治体のみ。しかも旨くないのだ(どの自治体かは言えない)。

最後の最後に。使用するサイトはこれのみ。分かりやすさ+品数で断トツだと思う。

www.furusato-tax.jp