相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

2017年ヒット予測1位の”ノールックAI家電”って何?

日経トレンディネットが2017年ヒット予測を発表。

 2017年ヒット予測、1位は“ノールックAI家電” - 2017年ヒット予測1位「ノールックAI家電」とは? - 日経トレンディネット

 

ヒット予想1位として”ノールックAI家電”なるものを挙げていたので調べてみた。しかしこの単語で検索しても具体的な商品名が出て来ない、ていうか”ノールックAI家電”という単語自体が今回の「ヒット予想発表」以外で検索結果として出てこないのだ。日経トレンディが新たに作った新造語か???

 

日経トレンディネットでは以下のように説明。

1位となった「ノールックAI家電」は、買い物から家電の操作までが「声」でできるようになるもの。「来年はスマホ消費が進化し、AI(人工知能)を活用することで、スマホを出さずにさまざまなことができる“スマホフリー生活”の年になる」(伊藤編集長)。

 

うーん、イメージがわかない...

 

そこで「no look home appliance」「no look AI」「AI home appliance」で英語検索を試みたところ、下写真3機種の優劣をレポートする記事が多く出てきた。例えばYahooの下記記事。

Google Home, Amazon Echo, or Apple HomeKit? How to Pick

 

声の指示で音楽再生や電気つけたりの家電操作が出来るというもの。メーカーによってはUberでタクシー呼んだり、ピザ頼んだりも出来るらしい。アマゾンが2014年に発売し先行したがGoogleAppleも同様のサービスを既に行っており米国では普及しつつあるようだ。

左→Google Home 中央→Amazon echo 右→Apple Homekit

f:id:nerugoo:20161107062146p:plain

 

但し、いずれのメーカーも日本発売はしていないし予定日も明らかにしていない。音声認識が重要なので日本語対応に時間を要する事、各国の家電仕様に対応する必要があるなどの障壁が考えられる。

 

こんなんで2017年ヒット1位になれるの?というところだが日の丸(資本的には純日の丸ではなくなった)シャープがこんな試みをしていた。

ともだち家電:シャープ

例えば冷蔵庫が「そろそろ使った方がよい食品が2個あるよ」とか言ってくれるらしい。

 

av.watch.impress.co.jp

 声による指示を受けこの雪ダルマみたいな「ホームアシスタント」が各家電との連携を行なうらしい。シャープ以外の家電・住設機器ともアライアンスを組んでいきたい模様。そして発売は2017年前半。。。

 

こんなん売れるのか?とお思いのあなた、はい、もう分りましたね!

 

既に米国ではメジャーになりつつある分野に”ノールックAI家電”なる新造語を付け、シャープの意向を受けた日経トレンディが販促の手助けをしているという構図。