相場を詠む

相場を詠む

株価指数レバレッジ投資家。株を見てたら当たらないよ~、日経先物は米国債を見とけ~

相場を詠む

経済指標下振れたが米債利回り上昇

まだ初動なので断定はいけません。しかし23時発表のISM指数がコンセンサスを下回ったにもかかわらず、その後の米債利回りは僅かに上昇しています。 なーんかきな臭いです。このチグハグ感は嫌な予感。S&P500はほぼ200日移動平均線上にあり、明確に下振れるの…

米朝首脳会談のシナリオ

米朝首脳会談。どう折り合いをつけるのでしょうか。トランプ大統領は北朝鮮を核から完全撤退させたい(と言っている)、一方で金正恩委員長がそこまで言い切るのか(約束を破る前提で言い切る?)。 特にトランプ大統領は国内向けのアピールが最重要であり、南北…

再度の3%越えを警戒

木金は新興国株が米国株を上回る上昇を演じました。リスクオンには新興国株の牽引が必要と考えているので条件が揃いつつあるように一見見えます。 しかし株価上昇の背景は米金利低下です。5月2日のFOMC前に米債が買い戻されるのはしきたりのようなもの。来週…

月内にもう一度下落か

米国株は月内にもう一度そこそこの下落を演じると考えています。テクニカルがそれを欲しているように見えるのです。 米債が3%を超えたにもかかわらず昨晩の米国株は安定していました。AIが発動する、マクロヘッジファンドが仕掛けるなどの説を唱える人がいた…

VIXの15割れ待ち

軟調続きだった新興国株が本日は強く上昇中。「中国共産党政治局は23日、今年の目標の達成に向けて懸命に取り組むと表明」に反応したようですが、米中貿易摩擦が沈静化の方向へ進んでいるかは不明です。今日の上昇は騙しかもしれません。前回申したように…

新興国株に活気が出ないからリスクオンならず

S&P500は買い戻しのフェーズにあるように見えます。しかし勢いが見られず、世界的なリスクオンからは程遠い状況。新興国株が追随してこないのが気になっています。直近の米国株リバウンドやVIX低下は騙しの可能性があるのでしょう。 昨年末時点での2018年展…

「(強気相場の)終わりの始まり」は買い戻しのサイン?

ここ1週間、「(強気相場の)終わりの始まり」を指摘する個人投資家向けブログや評論家レポートが特に急増したように感じていました。 S&P500のが50日移動平均線が下向き方向へ転じたので長期的にその可能性はありそうです。しかし短期的には悪材料織り込み済…

CPI発表前のアノマリー

米10年国債が2.5%を超えたあたりから、米国株(特にナスダック)が軟調になるのはよく起きるパターン。今回もその類のようです。 その金利(利回り)ですが金曜夜のコアCPI発表へ向けて上昇基調、これもよく起きるパターンです。そしてコンセンサスを大きく上回…

株は原油高とドル安の逆相関が最強

原油高とドル安の逆相関が11月中旬から続いています。直近はイラン反政府デモや米東部での記録的寒波による原油高でリスクオン機運を醸成。また欧州の景気好調や出口戦略明確化によるユーロ高を受けたドル安はポジティブに捉えられ、米国のグローバル企業を…

年末年始の値動きは去年と同様だった

年初はナスダックとエマージング(EM)が大きく上昇しました。特にナスダックは最終日しかも引け前1時間に大きく売られた反動が出たように見えます。北朝鮮などの年越しリスク経過による買い戻しでしょうか。 ちなみに去年の年末年始もそこそこ大きな、下落…

年初、1月、気になっていること

年初?1月?気になっていることを書きます。 まず1つ目は米2年国債の2%越え。9月上旬以降、2年債利回りは躊躇することなく上昇し続け1.9%へ達しました。このペースなら1月上旬にはあっさり2%を超えるでしょう。リスクオフで10年債利回りが低下すればイー…

日経先物は年内受渡最終日後に下落と夢想

今年の年内最終受渡日は26日、これをもって利食いのピークは25や26日と解説するメディアやブログを多く見かけます。しかし個人的には???です。少なくとも過去2年は最終受渡日を過ぎてから日経先物が弱含んでいます。ネタがないから取ってつけたように書い…

減税実施へ向け株は要注意かもしれない

前回書いた通り、日銀会合前の本日にブル4.3倍(日経先物連動)を売却しました。グローベックスが高くなっていたので明日は上昇しそうでしたが、米10年国債が目先の天井の2.4%へ達し、また税制改革法案成立後の動きが全く読めず決断。利益は十分に乗っており、…

ビットコインと女の子

今日明日に日経先物は23,000円をトライします。Nerugooは21日の日銀会合前に利食うつもりです。19日の下院、20日の上院で税制改革案が通過する見込みなので頃合いとしては良いかと。 株式市場は1月に発表されるインフラ計画を早々に織り込みへ行くシナリオも…

今週は見込み外れが続いています

日経先物。FOMC後に再上昇すると予想していましたが見事に外しました。イエレン議長は退任が決定しており神通力はなくなってしまったようです。テクニカル上の調整は道半ば、底入れするには少なくとも来週前半いっぱいは掛かりそう。我ながら読みの浅さを反…

FOMCプレー

株は少し下げています。日経先物のチャートはダブルトップやトリプルトップを形成しており、かつ23,000円目前で腰折れたことから、買いは慎重という雰囲気です。 FOMC直前に利食われ、FOMC直後に買い戻される。いつものパターンと思われます。資金に余裕のあ…

今週は米10年債が2.4%超えたら売り時を考え始めましょう

今週は嵐が過ぎ去り平穏(少し上目線)な日が多くなると考えています。目先、債務上限問題や税制改革案で市場に緊張感が走る事態は想定されていません。カリフォルニアの山火事へ注目が集まり、多少の政治的緊張はもみ消されるでしょう。 一方、重要指標の発…

久しぶりに日経先物を買う気になった。

株は買いのタイミングが来ました。今年最後のリバウンド チャンスになるかもしれません。 日経先物はメジャーSQ直前の火曜水曜に急落することがあります。そして、そうなった時は翌日以降に株価が回復しやすい傾向にあります。 これは久しぶりの買いチャンス…

ビビリなので全て売却しました

あくまでも短期視点ではありますが、S&P500の上昇が異常に思えてきたのでポジション全てを売却しました。水曜にインド株指数ブル3倍ETF、木曜にS&P500ブル3倍です。いずれも十分な利益が取れています。 ビビリなので売却しました。テクニカルで売りのサイン…

12月8日。債務上限期限よりサイバーマンデー

S&P500は1%も上昇し高値更新、日経先物は連れ高で22,600円台まで回復しました。上院予算委員会での税制改革案承認、パウエル次期FRB総裁が金融規制緩和を発言したニュースに反応。特に金融株の上昇が顕著でした。 北朝鮮のミサイル発射後に為替は円安反応を…

ネタが予見されてるときほど市場は動かない、かも

来週は政治的に重要な週になります。税制改革案と債務上限問題です。直近の値動きを見る限り、債券や為替はリスクシナリオを織り込みにいってるようですが、株式はリスクを認識しながらも春までには成立すると達観(楽観?)しているように見えます。株高の…

値上げは株でヘッジしましょう

世界的に株式が上昇した昨晩。米国株3指数は高値更新してテック株が牽引しました。ブラックフライデーからサイバーマンデーの商戦結果がインターネット関連株へポジティブに働くだろうとの思惑もあったようです。 MSCI EM株指数は更に上昇していました。経済…

長短金利差イールドカーブのフラット化

今週は水曜夜を除けば重要指標の発表がありません。また上院の税制改革法案投票は来週です。ネタが少ない時の米国株はスルスルと上昇する傾向にあるので、今週の株式相場は安定しそうな気もします。 ドイツの連立政権が樹立難航とのことですが、市場はヘッド…

債務上限問題は今回も延命される?

上院による税制改革法案の投票は感謝祭休暇後すぐと言われています。来週前半へ向けて緊張感が高まるかもしれません。 先週の米国株は軟調な雰囲気でした。税制改革法案を理由に挙げる解説が多かったように思いますが、12月8日期限の債務上限問題を材料に一…

最近のWSJ面白くない

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)をネット購読しています。FEDウォッチャーや金利見通しがとても優れており、株価指数をレバレッジかけて運用するNerugooには貴重な情報源です。 しかし最近は全くもって面白くありません。FRBがWSJを通じて市場との会…

そろそろ買いサイン点灯?

ジェットコースターのような角度と速さで上昇しそして下落中の日本株。まるで後進国株のよう。こんなだから日本は長期投資家が育ちにくいんです。安心して放置出来ないと長期マネーは寄ってきません。 個人投資家が根付かない理由として証券会社の営業姿勢を…

10年債が2.4%へ戻ってきた

米10年国債が節目と言われる2.4%まで戻してきました。今週は重要指標の発表が多く(特に今晩と明晩の物価指標)、またFOMCメンバーの発言が多く予定されていることから債券は買われにくい状況です。 想定以上に利上げペースが上がる内容ならば、一瞬株は売られ…

コールの買いが目立った模様

今週も日経先物の急騰ぶりが凄まじく、異様な感があります。リスクを取らないと儲けることはできないと解説する識者もおりますが、理解できない事象に乗っかる必要はないと考えています。S&P500やMSCI EM指数は綺麗な右斜め上チャートを続けています。こちら…

11月下落説がちらほら出てきました

日経先物の急騰は落ち着いてきたようですが、ちらほら11月下落説を唱える専門家が出てきました。 まずは、減税実施2か月前から株価が下落する説。米国が減税を実施した過去2回はそのような傾向にあったそうです。順調に法案が通れば年初から実施される減税も…

1日1食ダイエット、1週間経過し視界良好

10月29日(日)にスタートした1日1食ダイエット。口に食べ物を入れるのは夕飯のみ、日中は水・お茶・ガムのみで過ごしました。一番驚いたのは意外とおなかが空かなかったことです。ダイエット100戦全敗のNerugoo、今回は達成できそうな予感! 実を言うと2晩…